葉っぱの上にあるカプセルと粉薬
  • ホーム
  • ペニスの包茎手術で早漏が治ることもある

ペニスの包茎手術で早漏が治ることもある

包茎手術を行うと、ペニスの先端部分が常時露出する事になります。
結果的に亀頭が外部からの刺激に慣れて強くなり、早漏が改善されやすいということにつながります。
性行為を行う際の摩擦にも耐性ができることを考えるとわかりやすいでしょう。
ですが包茎手術の後すぐに改善される事は難しいです。術後の日常生活で刺激を受けて敏感な状態のペニスに耐性がある程度備わった後です。
包茎手術をして即結果がでないと落胆する必要も心配もないです。こちらは外部的な要因が原因であった場合です。
ペニスの包茎手術で早漏が簡単に治らない場合もあります。
内部的な要因です。女性に慣れていない若い男性の場合、早漏になりやすいです。
性行為自体に興奮しすぎて自身をコントロールできずに射精してしまうケースです。
包茎でない男性でもこういった事はあります。ペニスが包茎、真性包茎、カントン包茎の状態の男性なら尚更です。
その他には体調、自慰行為、ストレスなどが原因であるケースも多いです。
まとめると包茎手術で早漏は治りやすくなります。
仮性包茎のみが原因で早漏とお悩みの男性でならすすんで治療する事で問題を解決できます。
包茎が原因ではないとお考えの男性も仮性包茎、真性包茎、カントン包茎は、亀頭が出ている状態より衛生面であまり良いとは言えません。
不衛生になりやすくペニスの病気、性病にかかりやすい為、治療をおすすめします。
包茎手術の費用は、一般的なもので7千円から20万前後です。手術を受ける場所によっては20万以上かかるケースもあります。
真性包茎、カントン包茎なら保険がききます。手術は泌尿器科や美容クリニックで受けられます。
手術費用で選ぶなら病院、仕上がりで選ぶなら美容クリニックと覚えておくと良いです。ちなみに保険が使えるのは泌尿器科のほうです。
治療した上で早漏が改善されればよし、改善されなければ他に原因を見つければ良いだけです。一つずつ問題を解決していけば早漏は治ります。

真性包茎はすぐに手術がおすすめ!?

真性包茎はすぐに手術、もしくは一度病院で相談すべきです。
手術、相談をすすめる理由は病気他様々なリスクです。真性包茎であっても性行為はできます。射精も問題ないです。
しかし、真性包茎ではペニスをきれいに洗う事が難しく、内部の汚れはそのままです。
長くほったらかしにしておくほど病気のリスクが高くなります。仮性包茎と違い、真性包茎はリスクが高いです。
そして大人の真性包茎は放置していても改善される事はないです。
パートナーと性行為を行う際、どうしても良いイメージを相手に与えられません。女性にとって不衛生というのは大きなマイナスです。
性行為の刺激で炎症を起こす事もあります。痛みを感じたまま不安を感じるのはそれだけでストレスです。
何かと敏感な若い頃に女性に拒否される事でトラウマとなる可能性もあります。
女性側も気を使って、アドバイスする事も難しい事を考えるとやはり自分で解決すべきです。
幸い真性包茎は医療機関で治療できます。保険を使えば1万円以内で治療を受けられます。
意外ですが医療機関で真性包茎を手術される方は少なくありません。周囲にいないのは、本人が他人に伝えない為です。
ですので恥ずかしいから、コンプレックスがあるからといって、そのままにしておくのはやめましょう。
医療機関に行き、すぐに手術を受ける訳ではありません。まずは相談からです。なかなか誰にも出来ない相談です。話を聞いてもらうだけでも力強いはずです。
真性包茎で悩んでいるなら、その時間を医療機関で相談する時間に充てましょう。
悩んでいる時間が勿体無いです。悩みが一つ消えれば、気軽に生活を送る事が出来ます。自分とパートナーの為に問題を解決していきましょう。